理事長挨拶

日本放送作家協会(にほんほうそうさっかきょうかい)は今年(2019年)、918日に創立60年を迎えます。

一世を風靡したNHKの連続ラジオ劇『えり子とともに』の作者である内村直也らが発起人となり、昭和34年(1959年)918日に設立。

初代会長に文学者の久保田万太郎、初代理事長には内村直也が選出され、主にラジオドラマや戯曲で活躍していた作家を中心に364名の会員で発足しました。

 

民放テレビの黎明期に、これからの放送に夢を持って集まった作家たちが、次代に文化を残し、それに続く後進たちが、創立当時からの理念を引き継いで参りました。

その間、会員作家たちは数多の番組台本を執筆し、放送史に大きな足跡を刻んできました。

21世紀に入り、ネット社会が日々進化する中で、放送の役割とともに放送作家の仕事も変容を遂げようとしています。

 

放送作家協会は次の70周年、100周年を見据えて、この60周年を機に、日本の放送文化の向上の担い手として新たな飛躍を目指しています。

この4月から周年記念期間に入りましたので、HPを通じて、放送作家協会のこれまでの60年を知っていただき、これからの60年を皆様のお力をお借りして歩んでいくためにも、さまざまな情報を発信していきたいと存じます。

今後とも、これまでと変わらぬご厚情を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 一般社団法人 日本放送作家協会     

理事長 股野尚子(筆名・さらだたまこ)

入会者

・2019年8月7日の理事会での承認を得て、下記の1名が入会となりました。

  鈴木 絵麻

・2019年5月17日の理事会での承認を得て、下記の2名が入会となりました。

  原 木綿子

  滝本 祥生

・2019年3月22日の理事会での承認を得て、下記の6名が入会となりました。

  曾品瑜(そひんゆう)

  冨永 一郎

  相川 真紀

  神田 裕也

  千葉 邦彦

  本間 修二

・2019年2月13日の理事会での承認を得て、下記の2名が入会となりました。

  たむらようこ

  吉田 海輝(よしだ かいき)

おくやみ

心よりお悔やみ申し上げます

・2019年6月7日に篠崎博氏がご逝去されました。88歳でした。

・2019年5月12日に八田辰夫氏がご逝去されました。65歳でした。

・2019年2月4日に大倉徹也氏がご逝去されました。86歳でした。

日本放送作家協会のSNS

twitter

本部

九州支部

Facebook

協会員の皆さまへご案内 new!!


ファイルはこちらからダウンロードできます。
経産省中小企業庁からのお知らせ.pdf
PDFファイル 1.2 MB