2017年1月17日、日本放送作家協会が協力するイベント「メディア制作者と医療者がつながる座談会」が東京大学にて開かれます。

   昨今増えている医療ドラマをめぐり、医療現場のリアルな声をメディア制作者に届ける試みの第一弾です。

   脚本家として登壇するのは、創作ラジオドラマ大賞出身で、「ラストホープ」「医龍4~Team Medical Dragon~」(以上フジテレビ)、「破裂」(NHK)など数々の医療ドラマを書いている浜田秀哉さんです。

   定員は50名と少ないので、ぜひ早めにお申し込みください。

   詳しい説明及びお申し込みはこちらから。

2016年3月14日(月)
協会員の幾島賢治さんが新しい本を2月に出版されました。
詳しくは左のページからご覧ください。