2019年4月13日(土)new!!

   作家のマナビバ第8弾は医療編の2回め。テーマは日本人の2人に1人以上が罹る「がん」。

   帝京大学医学部内科学講座腫瘍内科准教授の渡邉清高さんに、「がんの現状」「がんと診断された人のシナリオ」「がん患者とのコミュニケーションの大切さ」「ドラマにおける医療描写」についてお話していただきました。

2019年3月9日(土)new!!

  作家のマナビバ第7弾は「倒産110番に学ぶ人生」。1978年に設立された「八起会(やおきかい)」の代表・竹花利明氏が、会社が倒産するときに経営者が直面する事態を詳しく解説。ゲストスピーカーとして、現在倒産から再起の真っ直中にある元経営者2人が、自らの失敗について語ってくれました。

10月27日(土)

   作家のマナビバ、第4回は行政書士の小竹広光氏を講師に「男女のドロドロ・不倫の修羅場~市民法務専門の行政書士から見た不倫」でした。

   数々の経験に基づいたリアルな話、さらには「不貞行為に対する慰謝料等請求書」「不貞行為を認めた上での示談書」の実例をもとにした精算への長い道のりなどを話してくれました。

   配布された資料もドラマのネタの宝庫!