市川森一・藤本義一記念 東京作家大学

   一般社団法人 日本放送作家協会は、4月に開校する作家養成スクール「市川森一・藤本義一記念 東京作家大学」に協力しています。

   東京作家大学は、日本放送作家協会の会員であり、出版界でも実績のある放送作家/脚本家が講師を務める、プロ作家養成スクールです。

2017年4月22日(土)

   東京作家大学3期生の入学式が東京渋谷・エクセルホテル東急で行われました。

   1回目の講義は連休明け、5月12日(金)に始まります。

2017年4月22日(土)

   東京作家大学2016年度生修了式が行われました。

 

   修了制作作品の優秀作は以下の通り。

 

最優秀作品賞  「こころの筋肉痛」(1期生 金澤文衛)

優秀作品賞     「猫と小瓶」(2期生 遠藤薫)

                    「男たちの探しもの」(2期生 金子義明)

                    「ほくろ」(1期生 池田宏太)

                    「あじさい」(1期生 鈴木一平)

奨励作品賞     「鞄のなかみは」(2期生 青柳まゆり)

                    「九時まで待って」(2期生 浅見きく江)

                    「山の間(あわい)」(2期生 大塚こずえ)

                    「小松崎をクビにしろ!」(2期生 紙尾正毅)

                    「救われた朝」(2期生 久保智子)

                    「化粧地蔵とみつのお願い」(1期生 大下久恵)

                    「恋風」(1期生 河内恵津子)

                    「三点の意味」(1期生 神戸健)

                    「心の風景~天野屋旅館の思い出」(1期生 小池優美)

                    「焼き塩さば軍対麻婆豆腐軍」(1期生 田籠洋介)

2016年4月24日(日)

東京作家大学 第一期生 修了作品

◯最優秀賞(1作)

     「梅香姉」川内恵津子

◯優秀賞(3作)

     「晩秋の河辺」池田志保子

     「忘れ物は何ですか」河合優

     「ひろいもの」椎葉圭子

◯奨励賞(10作)

     「永遠の自画像」沖藤典子

     「向こう岸」久保田幸子

     「虚ろな眼差し」鈴木一平

     「夢を継ぐ」高橋春江

     「めがねの記憶」高橋裕二

     「悲しき鞘当て」馬場康光

     「飛び降りた場所」山口正人

     「斜視の女」横塚崇浩

     「おじいちゃんのふしぎなメガネ」越智敏裕

     「大切な忘れ物」金子晶子

2016年4月24日(日)