平成29年度 北阪昌人ラジオドラマセミナー

・北阪昌人によるクラス形式の脚本塾(座学・演習/課題・実践)・ラジオドラマ脚本の全くの初心者から中級者までが対象。

 

・音声ドラマ独自の表記方法から、面白い物語の作り方、読み手の感情に訴えかける書き方をお教えします。

 

・全10回を通じ、初心者はコンクール応募作を書けるようになること、経験者はコンクールで最終審査以上に進むことを目指します。

 

・課題による実践、音声ドラマの視聴、プロの声優・演出家・音響専門家を招いた講演/指導で、ラジオドラマを作ることの楽しさをお伝えします。

 

 

          第1回 5月12日(金)19時/13日(土)10時 ラジオドラマ脚本のルール

          第2回 5月26日(金)19時/27日(土)10時

ラジオドラマ脚本の特性。ふさわしい題材・ふさわしくない題材

          第3回 6月9日(金)19時/17日(土)10時 主人公の目線を固定する

          第4回 6月23日(金)19時/24日(土)10時 音を意識した脚本づくりとは

          第5回

          第6回

          第7回

          第8回

          第9回

        第10回


自分史制作コース

   東京作家大学では、「自分史」の制作と出版までをパッケージにした「自分史制作コース」を開講しました。

   全11回の講義は、「自分史の作り方ガイダンス講義」(全2回)、「講師(チューター)とマンツーマン形式で自分史原稿を作成」(全7回)、「出版社による出版に関するアドバイス」(計2回)となっています。

   講師はあくまでお手伝いするだけ。受講生が自らの手で、自分の来し方を振り返り家族と未来へ残す「自分史」を書き上げます。

             5月25日(木) ガイダンス(講師:田中格)

             6月12日(月) 自分史の書き方(講師:芳賀倫子)


ネットムービーサーカス