平成29年度 大学院(3年生)の講義

「小説全般」講師:花輪如一

          1回目:7月21日(金)

          2回目:8月4日(金)

          3回目:

          4回目:

          5回目:

          6回目:

          7回目:

          8回目:

・開講前に提出していただいた作品を受講生みんなで読み、良い点は伸ばし、悪い点は修正するよう、「直し」の指導を中心に行います。      
・提出していただく作品は、これからコンクールに応募する作品でも、過去に書いた自信作、東京作家大学で書いた課題や終了作品でも構いません。「直す」という作業を覚えていただくための指摘をします。全8回講義の後半では、直した作品の指導を行うことになるとうれしいです。                                                                                                                          ・あなたの良いところを見いだし、そこを磨きあげるお手伝いをします。あなたが書いた原稿はわたしたちが費やした時間に比例し、わたしの中で熟成し物語へと化身する。創作の女神をかどわかす共犯になりましょう。


「文章教室」講師:東多江子

          1回目:5月20日(土)

          2回目:6月10日(土)

          3回目:7月1日(土)

          4回目:7月22日(土)

          5回目:8月5日(土)

          6回目:

          7回目:

          8回目:

   自分が好きなことについて好きなように書いていては、なかなかプロの領域に近づけません。伝わる文章とは? 読ませる構成とは? ミッションに挑戦しながら、少しずつ文章力という筋肉をつけていく講義です。インタビュー記事をまとめる、会話劇を構成するなど、ミッションごとに具体的な達成目標があり、それを意識した上で課題を提出していただきたいと思っています。



「音声ドラマで文章を豊かにする」講師:北阪昌人

          1回目:5月19日(金)

          2回目:6月2日(金)

          3回目:6月16日(金)

          4回目:7月14日(金)

          5回目:7月28日(金)

          6回目:

          7回目:

          8回目:

   音声ドラマは、ラジオドラマだけではありません。朗読劇やモノローグ劇など皆さんが思っている以上に広がりのあるジャンルです。数多くある音声ドラマ脚本コンクールに向けた指導のほか、いろんな「音声コンテンツ」に挑戦してみませんか?


「ストーリーの作り方とその実践」講師:冨川元文

          1回目:5月19日(金)

          2回目:6月16日(金)

          3回目:7月7日(金)

          4回目:7月28日(金)

          5回目:

          6回目:

          7回目:

          8回目:

   各種公募(小説・童話・アニメ・脚本)へ向けてのストーリーづくり。公募内容に対応したストーリーを作り、執筆への足がかり、導入に重きを置き、最終目標として公募作品を完成させます。


「小説全般」講師:香取俊介

          1回目:5月12日(金)

          2回目:6月2日(金)

          3回目:6月23日(金)

          4回目:7月14日(金)

          5回目:8月4日(金)

          6回目:

          7回目:

          8回目:

   「小説を書く」という思いやアイディアを同作品として結実させるか。「発想」「取材」「構成」「キャラクター」「文体」「書き出し」などなど、講師の執筆体験をもとに具体的・実践的に指導します。対象は「一般小説」「ミステリー」「ファンタジー」「時代小説」。目指すのは商業出版可能なレベルの小説、あるいは新人賞に届く小説です。