創作ラジオドラマ大賞 歴代受賞者一覧

<公募ラジオドラマ>
第1回 入選 三度目のその日 松下正二 
(昭47年) 佳作 半分ずつの窓 田中百合
  佳作 真夜中の小鳥 光峰笙仙(井沢満)
       
第2回 入選 ネーミング 渡辺智子
(昭48年) 佳作 バビ、濠は深くしろ… 新井敬二
  佳作 四〇〇八年への贈り物 木村将平
       
第3回 入選 東京発一九・〇〇 馬場民子
(昭49年) 佳作 秋の熱帯魚 井沢 満
  佳作 残華智子
       
第4回 入選 あれ達の鈴 井口勢津子
(昭50年) 佳作 受話器の奥で 周田幹雄
  佳作 どびん割り 津川 泉
       
第5回 入選 隣りの二人 富田康明
(昭51年) 佳作 フレンド・ボーイ 大森匂子
  佳作 風倉井さんの風船 津川 泉
       
第6回 佳作 今日と明日の狭間 石谷洋子
(昭52年) 佳作 翔べ車椅子 山崎耕作
  佳作 会話 永島洋文
       
第7回 入選 掘る男 寺田隆生
(昭53年) 佳作 一夜の中で 塚林淑江
  佳作 三月の人々 山幡久美子
       
第8回 入選 満開の桜の下 山本淳子
(昭54年) 佳作 哀しさのある風景 小倉富義
  佳作 冬の鳩 関根 哲
       
第9回 佳作 ぶらんこ 勝見守利
(昭55年) 佳作 銹びた酔 井川公彦
  佳作 奴凧 岩男安展
       
第10回 入選 長い綱引き 徳田祐子
(昭56年) 佳作 幻の少女 塩原広子
  佳作 やどかり・ダンボール 森 邦夫
       
第11回 佳作 遠くからの電話 斉藤紀美子
(昭57年) 佳作 水の中の祭り 山崎真佐子
  佳作 小嶋雄嗣
       
第12回 佳作 恐竜がでた 長谷川洋子
(昭58年) 佳作 恋のノンストップバス 牧敦史
  佳作 昨日までは満腹だった 小嶋雄嗣
       
第13回 入選 いやな感じ 内田史子
(昭59年) 佳作 殺意の第六交響曲 高崎雅明
  佳作 小さな山の中の火花 加藤弘行
       
第14回 佳作 夏の或る日に 宮城絢子
(昭60年) 佳作 傷あと 佐伯けい
  佳作 吹雪幻想 池谷充子
       
第15回 入選 遅れてきた青年 林さわこ
(昭61年) 佳作 戸口の男 松崎洋子
318篇 佳作 貯金 川西麻智子
       
第16回 入選 25時の乗客 佐藤比呂美
(昭61年) 佳作 アナモルフォーズ 相良敦子
268篇 佳作 菜の花畠はカナリヤ好き 沼尻渡
       
第17回 佳作 薫さんのホリデイ 久保田瑞穂
(昭63年) 佳作 ストレンジャー 明石典子
257篇 佳作 動物園へ 谷登志雄
       
第18回 佳作 遠い稲妻 八代敦子
(平元年) 佳作 おまっつあん 池田起教(綾瀬麦彦)
245篇 佳作 おばあちゃんの7六歩 黒滝正秀
       
第19回 佳作 今日は・・・でした 舘谷徹
(平2年) 佳作 隣の座席 松尾尊子
259篇 佳作 不老橋よ、いま時代の嵐が通り過ぎる 黒滝正秀
       
第20回 入選 大切な子供たち 井上美保子
(平3年) 佳作 耳をたずねて 松尾尊子
267篇 佳作 風の言葉 村松靖彦
       
第21回 入選 悪役志願 吉田玲子
(平4年) 佳作 夜を越えて 松村隆史
227篇 佳作 Be My Baby 加藤明弘
       
第22回 入選 海の言葉 江口美喜男
(平5年) 佳作 ティアフル・ムーン~涙ぐむ月~ 白石マミ
341篇 佳作 深夜の乗客 桜井正雄
       
第23回 入選 タイムテーブル 佐藤久美子
(平6年) 佳作 最終上映 三上幸四郎
283篇 佳作 ブラックパンサーの夜 桜井正雄
       
第24回 佳作 月夜のジャマイカ人 澤田美喜男
(平7年) 佳作 ベルリン・ゲーム 森下 直
216編 佳作 原田直行
       
第25回 入選 鉄の輪(かねのわ) ミラーカク子
(平8年) 佳作 十二文字のメッセージ 椙下直哉
268編 佳作 雨音 服部陽子
       
第26回 入選 水の行方 北阪昌人
(平9年) 佳作 かなしい気持ち 井出真理
245編 佳作 死神なんですけど 高木美津子
       
第27回 佳作 あの日の君にありがとう 田淵佐奈
(平10年) 佳作 最後の楽園 西巻裕希
272編 佳作 あの頃の、タイムラグ 鵜飼広計
       
第28回 入選 キジムナーのいた夏 岡村 朗
(平11年) 佳作 断腸亭との日々 古川壬生
274編      
       
第29回 佳作 カサブランカ 横山玲子
(平12年) 佳作 くだんが行方不明 渥美珠巳
245編 佳作 これがあたしの『顔』 細谷ゆかり
       
第30回 最優秀作 ヒイ、ラブズ、ミイ 横山玲子
(平13年) 佳作 琥珀 橋本信之
247編 佳作 ブルーキュラソー 前原一磨
       
第31回 最優秀作 唐木屋一件のこと 山本むつみ
(平14年) 佳作 水をたどって 塩塚 夢
251編 佳作 ビンテージで行こう 安形眞司
       
第32回 最優秀作 試合前のエース 浜田秀哉
(平15年) 佳作 湖秋・堅田怪談 森町水歌
218編 佳作 透明人間の居場所 井上美穂
       
第33回 最優秀作 密漁 原 雅裕
(平16年) 佳作 カンカン石の詩 林 一臣
218編 佳作 たかしくん、あそびましょ 柿久保徹
       
第34回 最優秀作 リトルプリンセス2号 中村比香
(平17年) 佳作 タケルさんの荷風的優雅な生活 三浦まどか
200編 佳作 新しい花 坂本正彦
       
<名称を「創作ラジオドラマ大賞」に変更>
第35回 大賞 答えは、昼間の月 金戸美苗
(平18年) 佳作 マイ・ハニー・ホーム 大河内聡
234編 佳作 真夏の雪 滝本祥生
       
第36回 佳作 よしこちゃんの涙の音 有馬雪枝
(平19年) 佳作 HOME おのゆうき
239編 佳作 仮置きの兄 斉藤清貴
       
第37回 佳作 前略、桜舞うアパートの庭から 花房朋香
(平20年) 佳作 ヘッドフォンファイターの逆襲 小山悦子
248編 佳作 風力発電のある町で 添谷泰一
       
第38回 佳作 夜に届く声 高崎志乃
(平21年) 佳作 天使のオッパイ 豊田 愛
233編      
       
第39回 佳作 鳳仙花の咲く家に 植澤紀子
(平22年) 佳作 魔法のことば 藤井香織
224編 佳作 文耕の首 小林克彰
       
第40回 大賞 ニンに合わない 成田匡希
(平23年) 佳作 異国の太鼓 中澤香織
298編 佳作 エーテル 永津愛子
       
第41回 大賞

カラスの死骸は消滅する

(OAタイトル「消えたカラスを探して」)

西尾成
(平24年) 佳作 水の居る水槽 箕輪京子
227篇 奨励賞 八時五分の男 植田寛
  奨励賞 星と絵葉書 桑原亮子
       
       

第42回

  佳作  夕暮れ迷子  石原理恵子

(平25年)

273篇         

  佳作                

  佳作

 あるカソウバにいた男

(OAタイトル「あンときの約束」)             童蒙仕置番

   

 仲井美樹                    吉田海輝

第43回       佳作            シュガー・ソネット                           山田文恵

(平26年)    佳作            プア                                              新井まさみ

236篇        佳作            柚子色の訪れ                                  小川友希子

第44回      大賞             佐恵子の話                                     湯川 立子

(平27年)    佳作             父が還る日                                     谷口 雅美

302篇       佳作             物置の中の集い                               大杉 誠志郎

第45回      大賞             暗闇の訪問者                                 藤沢 秋

(平28年)    佳作             春を待つ音                                    葉月 けめこ

284篇